「買った瞬間、下がる」を回避。通貨の相関関係、通貨の強弱がわかるツール
スポンサーリンク

だれもが経験し、どうしてもうまくいかない

買った瞬間に下がる

は、なぜなのか?

 

複数存在する通貨ペア、その複数の関係性は非常に重要

EUR/JPYで、”買い”でも、

USD/JPYやEUR/EURの関係では、”売り”だったりする場合

 

一つのチャート上では、”買い”タイミングでも、

他の通貨と比べると”円売り”が優勢だった場合では、

売られる可能性が高くなるので

相対的に弱いのか?強いのか?を

他の通貨との関係をチェックして、確認する必要があります。

 

しかし、これを一つのPCで確認すると、こんな問題に・・・

①チャートを複数表示した場合、一つのチャートの大きさが小さくなる。
過去相場のサポートラインやレジスタンスラインが見えなくなる。
②複数の通貨ペア、時間足、分足をすべてチェックするには、
スキルや労力が必要になる。
③PCに大きな負荷がかかる。
チャートの動きが、遅くなる。フリーズする。

 

それを改善してくれるのが、このツール

FX相関関係・通貨強弱インジケーター全6セット

どの通貨が強くて、どの通貨が弱いのか

売買タイミングのポイントが一目瞭然に!

買った瞬間下がるなど、相場に振り回される
損小利大のトレードを目指している
通貨の強弱を判断して、優位性の高い売買タイミングでトレードしたい

このような方に、おススメです。

ユーロ円トレードは、日本時間8時から11時、16時から19時
ユーロドルトレードは、日本時間16時から19時、21時から1時
までが推奨時間。

東京市場(日本時間午前中)、ロンドン市場(夕方)、ニューヨーク市場(夜)
のトレードに適しています。

最も強い通貨を買い、最も弱い通貨を売る
相関関係(通貨強弱)を把握して、あなたのエントリーにお役立てください。

>>FX相関関係・通貨強弱インジケーター全6セット 購入はこちら<<

スポンサーリンク
おすすめの記事