スポンサーリンク

「金融マーケット」における「お金の流れ」に注目した手法です。
「ドル円」と「日経先物」の値動きの【相関性】をベースとして、
「3つのアプローチ」で具体的にトレードをします。

「ドル円」と「日経先物」の値動きの【相関性】と言っても、
難しい話ではなく、

「ドル円」が上がると「日経先物」も連動して上がる。
「ドル円」が下がると「日経先物」も連動して下がる。

「日経先物」が上がると「ドル円」も連動して上がる。
「日経先物」が下がると「ドル円」も連動して下がる。

このようなマーケットの習性を利用して、
例えば、
先に「ドル円」が先行して「上がった」ら、
「日経先物」も付いて「上がって」くるだろう
ということを 考えながらトレードをしていきます。


この手法は、元野村證券の持田有紀子氏が、
2003年の米軍のイラク侵攻以来、一貫してトレードに活用し、
年ベースでの無敗を続け、大きく稼ぎ続けている手法です。

持田有紀子氏の直近の個人のトレード成績は、
2014年12月~2015年4月の「5ヶ月間」で、
「50万円」の元本に対して、
利益は「1,434,100円」で
「287%」のというパフォーマンスです。

shosai_arrow_red.gif

スポンサーリンク
おすすめの記事